sugao pilates

ピラティス+座学クラス

『もっと快適な歩きのためのピラティス+座学クラス』



4・5名までの少人数クラス。
名前の通り、もっと快適な歩きを体得することが目的です。

座学も入れながら体への理解を深めます。人数が少ないからできるゆっくりじっくり理解しながら行うペース。参加者が主役のクラスです。



〇こんなことします〇

・座学の時間があります。毎月テーマがあり、クラスの目的である快適な歩きに繋げます。

・エクササイズだけではなく運動以外のこともします。お腹に手をあてて呼吸をただ感じたり、風船を膨らませたりして体から気づきを得ます。

・セルフケアの宿題が毎回あります。ちょっとしたものです。




〇続けると分かる 3つの変化〇

1.呼吸の質の改善

快適な体の動きを得るためには良質な呼吸は外せません。時間をかけて本来の呼吸や、良質な呼吸が妨げられる原因を探っていきます。ご自分の体に合う動きをセルフケアとして続けることで、少しずつ呼吸の波はゆっくりと穏やかにかわっていきます。


2.肩こりや腰痛の改善

肩こりや腰痛が起こるとき身体に何が起こっているか等、説明していきます。いろいろな動きをじっくり丁寧に行うことで、どのエクササイズが自分の体の調子を良くするかを一緒に考えてみましょう。


3.動きの改善

歩きは、全身各部位による動きの集大成です。歩きが快適になるということは、快適に体を動かせるということです。その恩恵は生活の中である日ふと感じられます。良くなる時はそんな感じ。悪いところばかりではなく良くなっているところに目を向けていきます。



_________________________

座学+実技 のクラス作り

_________________________


長い間抱えているマイナートラブルを改善に向かわせ、知識としても体と頭で府に落ちるような内容でお伝えしたいと考えています。


自分がしている運動や、日々の何気ない姿勢。それらが私たちの体にどのように影響するのかを知っていたら、良いときも悪いときも落ち着いて自分と向き合うことができます。


養成講座などで
実技だけでなく座学の時間があることで、自分への体の理解や、頑張ってきた体への労る気持ちが初めて心から芽生えました。だから、運動だけではなく体について他の刺激も必要なのだと考えています。


4名までの自主開催少人数クラスでは、4月からその試みを始めたばかり。

体の仕組みを図で表したり、横隔膜の動きが分かる模型を作って触ってもらったり、参加者に感じたことを言葉に出してもらうことで理解を深めています。


これが、面白い

感じたことを自分の言葉にして発すると
皆さん納得しやすいようです。


これからもクラスの皆を巻き込みながら‥少しずつ形にしていきます。



__________________________________

毎日 ほんの少しのピラティスで 好きなことをもっと楽しもう

__________________________________



各クラス日程



お声 少人数クラス





お問い合わせはこちら


PAGE TOP