S U G A O

首・肩

2022.8.16.Tues
【ストレートネック】

__________________
ストレートネックの方は、横向きでレントゲンを撮った時に「まっすぐな背骨だね!」とお医者さんに驚かれるほど首だけでなく背骨全体の湾曲が無くなっているようです。
別名「スマホ首」とも呼ばれ、年々ネットに触れる時間が長くなり、座る時間も長い現代人の多くが抱える姿勢の問題と言えるでしょう。

症状としては、首がカチカチで振り向けない、背中の突っ張る不快感、肩甲骨の動きが悪いことで腰痛にも繋がります。

原因は肩甲骨を前側で支えるインナーマッスルが筋力低下を起こすことから始まり、代わりに似たような働きをする胸の筋肉が「自分の仕事を超えて」頑張りだします。胸の筋肉が働き過ぎると、肩甲骨の位置が外側にずれていくのですが、それが胸椎と頸椎のカーブを失わせてしまいます。

現代の生活のなかで、筋力低下を起こしやすい筋肉は大体決まっています。昔よりずっと座っていられる便利な生活になった反面、それが引き起こす症状が悪化しないためにトレーニングが必要なのです。